家庭用脱毛器のおすすめ商品はコレ!

家庭用脱毛器のおすすめ商品はコレ!

家庭用の脱毛器を使うならば、私は確実にケノンをおすすめします。

 

ケノン

 

脱毛器に関しての知識が無い人は初めて聞いた器械かもしれませんが、非常に有名なもので、トリアというもう1つの有名商品といつも比較されますね。

 

実は家庭用脱毛器も三つのタイプに分けられます。

 

それが、フラッシュ型ヒーディング型、そしてレーザー型です。

 

ケノンはフラッシュタイプで、トリアはレーザータイプに当たります。

 

こうやって話すと、「あれ?脱毛する場合は医療レーザーが良いってあなた言ってませんでした?」って思う方も大勢いるでしょう。

 

しかし、それはエステやクリニックに通う場合の話です。

 

これから、その理由を説明していきます。

 

 

ケノンの利点・・・・

まず、ケノンの優れた部分を見ていきましょう。

 

下記に箇条書きでケノンの利点を書きました。

 

  • 充電が必要ない
  • 広範囲を脱毛できる(9.25cm2)
  • 何時間でも利用が可能
  • 痛くない
  • ほとんどの毛に効果がある(※注:肌の色が濃い部分には効果が薄め)
  • 自分で出力を10段階変えられる
  • 美顔器カートリッジもついてくる
  • 眉毛脱毛器もついてくる

 

ケノン2

 

脱毛時間の短縮が出来るのは大きな利点

トリアですと、使用の度に充電が必要です。

 

約二時間充電して、一時間しか使えないので充電が切れるたびに脱毛を中断しなければなりません。

 

一方ケノンですとコードをコンセントに繋げればいつでも使用できますので、十分に自分の行いたい場所の脱毛が出来ます。

 

そして、広範囲を脱毛できるのもいいですね。

 

照射面積が3.7cm×2.5cmもありますので、短時間で照射を行うことができます。

 

トリアは照射面積が小さいので凄い時間がかかるんです。

 

そして、先ほども述べたように充電の面倒臭さ・・・・。

 

施術にかかる時間と労力がかなりのデメリットなのです!

 

 

 

脱毛は毛周期がありますので、何度か脱毛しなければなりません。

 

なので、家庭用脱毛器は早く脱毛できるように照射面積が広いことと、すぐに使えることは必須なのです。

 

ただし!部位によっては、トリアのように小さな照射面積の方がやりやすい場合はありますね。

 

あまり痛くない!

 

ケノンは痛い!という人もいますが、私はそんなに痛く感じません。

 

10段階のレベルで照射面積を変えられるのですが、5レベルで十分に効果を実感できますし、それより落としても問題ないと思います。

 

最初は、最も弱い照射で自分がどれくらいのレベルを耐え切れるのか試してみましょう。

 

 

ポイントは冷やしながら脱毛していくことです。

 

氷を入れた袋をタオルで包んで一分ほど冷やしてから打てば全然痛くないんですよ。(^ ^)※アイスノンなども使えます

 

トリアの場合だと冷やしても痛いらしくて、しかも照射面積が小さいからずっと我慢していかなければなりません。

 

何度でも脱毛できる!

何と言っても家庭用脱毛器のいい所は何度でも脱毛できるところですよね〜。

 

ということはですよ?

 

エステなどと違って、脱毛の回数がお金を気にしないで出来ることになります。

 

レーザーの方が効果は高いのでしょうが、何度でも脱毛できるのであれば話は別です。

 

痛みも少なく、自分が気に入るまで脱毛すればいいだけの話なので、フラッシュ脱毛であるケノンで十分だという結論に至ります。

 

ケノンはヘッド(ハンドセットの上部に取り付ける部分、要は光を当てる場所)の交換が必要なものの、ほぼ買い換える必要なく、脱毛を完了させることができます。

 

ちなみに私は医療レーザーでやった部分以外の少し気になる場所をちょこちょこやっているだけなので、未だにヘッドを取り替えたことはありません。

 

友達も全身脱毛を自分で(ケノンで)やったようですが、普通に最初ので大丈夫だったようです。(現在20万発くらい打てるらしいですね・・・)

 

残り照射数もきちんと画面に表示されるので、大丈夫ですよ。

 

美顔カートリッジが効果抜群

そして、何と言っても美顔カートリッジが効果抜群です。

 

口コミを見ると、エステサロンの光フェイシャル並みの効果があるとのことで、美顔カートリッジ目当てにケノンの脱毛器を選ぶ人もいるくらいらしいので、相当な効果といえるでしょう。

 

この美顔カートリッジはしわ、たるみ、シミ、そばかす、出来物などのお肌の悩み全般に効果を発揮するらしく、肌のターンオーバーを促進してくれることに秘訣があるようです。

 

お肌はターンオーバーが正常に働いてくれるのが最も大事です。

 

肌の荒れている人のほとんどがターンオーバーが正常に働いていないせいで、肌の荒れに繋がっているので是非とも美顔器カートリッジは試していただきたいですね。

 

気になるのは価格

ここで、最も気になるのは価格ですが、高いです。

 

家庭用脱毛器の中でも郡を抜いて高いです。

 

なんとお値段7万2千円ほどもします。ギョエー!!

 

一方、トリアの方は5万円ですからね・・・。

 

価格だけ見るとトリアの方がコストパフォーマンスは良いのではないでしょうかね。

 

 

ネット上でもケノンのお値段に関しては結構不満が多いようですね。

 

全く脱毛に関するものはなにゆえ、このようにお値段が高いものばかりなのでしょうか?

 

それでも、やっぱりこの商品が売れ続けている理由(楽天でもずっとランキング一位)は確かな効果と、快適なスピード脱毛が可能だからでしょうね。

大体どれくらいの頻度で脱毛できるの?

さて、気になるところはケノンの脱毛頻度だと思います。

 

一応、説明書には2週間に1回の脱毛頻度というように記載されているのですが、ネット上で調べたところ、肌が強ければそれよりも短い頻度でやっても大丈夫のようです。

 

実際に私の友人で男性の方がケノンを使って脱毛しているのですが、口ひげ周りは10日おきに脱毛しているようです。

 

今って、男性の方も脱毛する人が多いんですよね。笑

 

しかも、エステやクリニックに行くのが恥ずかしいから、結構ケノンを使って脱毛している人ばかりらしいですよ。

 

公式ページを見ても男性利用が43%もあるというから驚きです。

 

自分より、付き合っている男性の方が毛が生えていなかったらちょっとショックですね。

 

 

まぁ、なんにせよエステやクリニックでの脱毛をするよりもかなり短い頻度で脱毛をおこなっていけることが分かると思います。

 

結構、他の脱毛サイトなんか見てもエステとか行ってお金消費するくらいならケノンを使ったほうがコストダウンに繋がる!と言っている人が多いですからね。

ケノンの使い方はどうすればいいの?

では、家庭用脱毛器はケノンを使ったほうが良いという説明も終わったところで具体的な使い方に関して触れていこうと思います。

 

まず、ケノンを使うに辺り大まかな説明をしていきますね。

 

最初にまずは毛を剃る!

どの脱毛も同じですが、ケノンも同様最初に毛を剃ります。

 

ここで大きなポイントとして毛の流れに沿って剃ることです。

 

毛の流れに沿って剃らないと角質が傷ついて肌が汚くなってしまいます。

 

また、フラッシュ脱毛は黒い部分に反応して脱毛をおこなう器械なので少し毛が肌から出ているくらいが一番効果が出るんです。

 

ですから、毛を剃るときは必ず流れに沿って剃るようにしてくださいね。

 

肌を冷やす!

続いては、お肌を冷やしていきましょう。

 

上記でも述べましたが、肌を冷やしてから脱毛すればケノンは痛くありません。

 

炎症の防止にもなりますし、赤みも抑えられます。

 

ケノンには保冷剤がセットでついてきますが、私はアイスノンを使うのをお勧めします。

 

範囲も広く使えますし、やわらかいので皮膚にフィットしやすいんです。

 

痛みが強い場所には氷を入れた袋を直接あててもいいですね。

 

冷やせば冷やすだけ痛みを麻痺できます。

 

ケノン使用時のポイントはしっかりと密着させること!

ケノン使用時は、しっかりとお肌に密着させましょう。

 

光がもれると効果が薄まります。

 

ケノンで効果がなかったと言う人をよくネットで見かけますが、密着できていないんじゃないでしょうかね?

 

家庭用脱毛器は自分でやらないといけないので、施術もしっかりと意識してやらなければなりません。

 

あと、六連射も付いていますが、最初はワンショットで試しましょう。

 

ヘッドの無駄使いも抑えられますし、ワンショットの方がパワーが強いので十分に効果は出ると思いますよ。

 

六連射は痛みが抑えられるそうですが、効果も出にくい気がしますし、打つ数がカウントされて勿体無いです。

 

 

照射レベルも最初は一番弱いレベル1で試してください。

 

いきなり5レベルとかで試すと強い痛みを感じるかもしれません。

 

これも個人差があるので、自分に最も適したレベルをちょっとずつ試してください。

 

 

あとは、継続することですね。

 

ケノンは大体三、四回目くらいで効果を実感できるのですが、毛周期がありますので、また毛が生えてきます。

 

生えれば当然また、脱毛しなければならないので、定期的に毛が生えたタイミングを見計らって脱毛しましょう。

 

ここが家庭用脱毛器のいいところで、空いた時間を見計らって直ぐに脱毛できることです。

 

エステやクリニックは予約が必要なので、日程調整が面倒ですからね。

 

そういった意味で私も重宝して購入したんです。

 

紫外線は絶対に避けること!保湿もおこなうこと

あとは、紫外線を避けるのも絶対ですね。

 

何度か話していますが、ケノンはフラッシュ脱毛なので、黒い部分や色素がある部分に反応して脱毛をおこないます。

 

なので日焼けなどはNG

 

外に出るときは必ず、日傘か日焼け止めクリームを塗って外出するようにしてください。

 

 

あと、保湿も忘れないでください。

 

フラッシュ脱毛は熱を伴うので、肌が乾燥しがちです。

 

乾燥した肌はゴワゴワになってしまったり潤いがないので、綺麗に見えません。

 

安い保湿クリームを市販のものでいいのでつけておくと肌の潤いも保たれて美しく脱毛できます。

ケノン一台あれば、気になる箇所はいつでも脱毛が可能!

私は医療脱毛で全身を脱毛しましたが、合わせてケノンも使っています。

 

何度か話していますが、毛周期がありますからね。

 

ほとんど医療レーザーで脱毛すれば毛が生えませんが、毛周期で埋もれていた毛がたまに見つかります。

 

そんな時は、ケノンで一発!

 

 

その他の全身脱毛で含まれていなかった場所もいつでも脱毛できるんです。

 

お値段もそれなりにしますが、もし、エステが苦手だったり、人前にデリケートな部分を見せたくない人がいれば、家庭用脱毛器のケノンを考慮に入れてみてくださいね。

 

ケノンの公式販売ページはコチラです⇒

 

脱毛器ケノン