毛深い女性は嫌われる?屈辱的な体験をした22歳!

毛深い女はやっぱり嫌われるの?私が受けた屈辱的な体験

皆さんは、自分が毛深いことを気にしたことがありますか?

 

私は、絶対に毛深い女は嫌われる!と思っています。

 

これは、ある体験談がきっかけでそう思うようになりました・・・・。

 

 

私は22歳の時、付き合っていた男性から屈辱的な言葉を掛けられたことがあります。

 

毛深すぎじゃない?

 

 

それは、

 

「お前、ちょっと毛深過ぎじゃね?」

 

の一言でした・・・。

 

 

 

当時の私は、結構人見知りで高校生の時や、専門学校に通っていた時は友人も少なく、あまりおしゃれなどにも気を遣わない、所謂、腐女子的な存在でした。

 

でも、さすがに二十代にもなってくると、だんだんと今まで彼氏がいなかった友達も彼氏が出来るようになり、私も彼氏などが欲しくなって、以前から少し気になっていた同世代の男性に思い切って告白したんです。

 

 

そしたら、なんとOKの合図!

 

初めてのお付き合いに私は有頂天になって、毎日が新鮮で楽しかったです!

 

ウキウキ

 

デートと言っても、その彼も、あまりお付き合いした経験が少なく、私達はいつも公園で話したり、一緒にカフェに行くくらいで、手を繋ぐまでにも半年もかかりました。

 

それでも、ちょっとした関係でも大好きな彼といれたことが本当に幸せだったんです。

 

 

思えば、あの時の関係のままずっと続いていられれば良かったな・・・。と今でも少し思っています。

 

でも、やっぱりそこは恋人の関係なので、一年半くらい経ってからでしょうか・・・。

 

私も勇気を出して、ついに大好きな彼と男女の関係になりました。

 

私はそんなに毛深いことに気が回らなかった!

 

夜

 

今思うと、私はピュアだったと言いますか、相当無知だったんだと思います。

 

彼と初めて男女の関係に及んだ時、全く毛の処理をしていなかったんです。苦笑

 

恥ずかしさと緊張でいっぱいの中、私のワキを見た彼が、こう言い放ちました。

 

「お前さ、ワキくらい剃れよ・・・」

 

 

 

 

 

 

(えっ?私ってそんなに毛深いの?)

 

 

本当にショックでした。なんだか息が詰まるような想いがして、泣きそうになりました。

 

 

でも、続けて彼が、

 

「女もワキ毛って生えるんだ・・・。てか、お前毛が濃い過ぎじゃね?俺より生えてんじゃん!」

 

と言った瞬間に、堪えきれなくなってしまった私は、ついに泣き出してしまいました。

 

泣き

 

彼もそこまで人とコミュニケーションを取るタイプの人間では無かったので、デリカシーが無かったんだと思いますが、正直言ってそこまで言われるとは思っていなかったので、かなりショックでした。

 

結局、その日は何も出来ずにお互い気まずいまま終わってしまいました。

 

あの一件以来、ギクシャクした関係が続き、毎日していたメールや電話も無くなってしまい、不安な気持ちでいっぱいでした。

 

それでも、私は彼のことが大好きでしたし、また少しずつでも元の関係に戻れる、と信じ続けていました。

 

 

 

それから数日経ったころでしょうか?

 

彼からメールが一通来たのです。

 

 

きっとこの間のことを謝ろうと思ったんだ!私はこれでやっとあの頃の2人に戻れる!と嬉しさでいっぱいになりました。

 

しかし、メールの文はそんな私の想いとは全く違った冷たいものでした。

 

「ごめん、なんだかこのまま付き合っていてもお互い合わない気がする。別れよう!」

 

という一言!

 

あんまりにも、酷すぎる仕打ちに私は半年以上も落ち込んでしまいました。

 

相当、お母さんにも心配されたのを覚えています。

 

そう、やっぱり毛深い女は嫌われるのです。

 

別れ

とにかくいい女になってやる!

それから私はある日、一気に悲しみが怒りに変わりました。

 

とにかく、良い女になってやる!あいつよりいい男を捕まえてやる!

 

そんな風に気持ちを切り替えて、努力を始めました。

 

努力

 

 

勿論、最初は脱毛に関しての勉強からです!

 

そりゃあもう、勉強しましたよ!

 

なんてったって、友達が美容関係のお仕事していましたからね。

 

本を読んだり、その友人に話を聞いたりして、私なりにそれなりの知識はつけたように思います。

 

今回、このサイトを作成するにあたって私が勉強してきた脱毛に関する情報の全てを載せていきたいと思います!

 

私のような辛い思いをする女性を二度と出したくない!そんな想いで記事を書きました。

 

 

参考になれば光栄です!

脱毛の基礎知識

まず、脱毛に関しての基本的な知識から書いていこうと思います。

 

脱毛の種類は、大きく分けて三種類に分類されます。

 

永久脱毛除毛、減耗、あとは自分で処理をする一時脱毛ですね。永久脱毛と除毛、減耗は所謂(いわゆる)、美容脱毛のことです。

 

永久脱毛(美容脱毛)って?

永久脱毛は別名、美容電気脱毛と呼ばれ、全ての毛において対応が可能です(※成長期、退行期、白髪や産毛(うぶげ)も含む)。なお、脱毛期間としては早ければ半年、遅くても大体一年半くらいで脱毛が完成します。永久脱毛の定義は脱毛が終了して1ヶ月を過ぎても毛の再生率が20%以下である状況を指します。

 

成長期や退行期ってな〜に?

毛は、成長を続ける「成長期」と毛の成長が収まる「退行期」、毛の成長を休める「休止期」と呼ばれるサイクルがあります。この毛のサイクルのことを総じて毛周期と呼びます。毛周期は脱毛で非常に大事な言葉で、毛周期を知らないと、なぜ?何度もエステやクリニックに通わないといけないかが分かりません。そう、毛は何度も生え変わるので、その度に何度か脱毛をしないとまた生えてくるのです。

 

除毛、減耗(美容脱毛)って?

一方、別名が美容ライト脱毛と呼ばれる除毛、減耗に関しては全ての毛に対しては対応できず、基本的には成長期の毛に対しての対応となり、皮膚と毛の色に大差が無い場合や白髪や産毛に対しては対応不可となります。大体1ヶ月以上ごとに対応が必要となり、脱毛が完了する!ということはないと言えるでしょう。

 

一時脱毛(自己処理)に関して

自分で脱毛

 

大抵の人が最初毛を処理したいと思ったら、ほぼお金が掛からないので、自分で処理しようとするはずです。

 

自分で処理する場合に考えられるのは以下の四つです。

 

  • 剃る
  • 抜く
  • 脱色
  • 家庭用脱毛器を活用する。※家庭用脱毛器を活用する場合はお金が掛かるので、別途下記に記します。

 

自分で毛を剃るとどうなるの?

多くの女性が自分で毛を剃ろうとするのですが、私はあまりお勧めはしていません。
なぜなら、カミソリなどで自分で剃ると、皮膚表面の角質まで剃ってしまい、皮膚がゴワゴワになってしまったり、切断した断面が見えてしまって太く見えてしまうからです。私もそうですが、特に毛が濃い方はカミソリは使わない方がいいように思いますね。一気に広範囲を剃れるので楽なのですが、カミソリを使っての脱毛を考えている人は毛が薄めの方だけにお勧めしておきます。

 

自分で毛を抜くとどうなるの?

知っての通り、自分で毛を抜くと中々生えてこない部分がカミソリよりも優れていますね。しかし、時間が非常にかかることと、痛みが伴うことがデメリットでもあり、炎症や化膿する恐れ、また、繰り返しているうちに、毛が太くなってしまう可能性もあります。何本か気になる箇所があり、それを抜くくらいならお勧めしていますが、かなり毛が多く、濃い目の方は辞めておきましょう。

 

脱色するとどうなるの?

脱色することのメリットは短時間で毛を目立たなくさせることが出来ることです。手軽ですし、痛みもないので脱色する人も多いですね。ただ、皮膚炎になってしまったり、毛自体がなくなるわけではないので、あとから毛が生え変わるとまた見えるようになってきます。私の兄がやっていたのですが、結構、頻繁にやっていましたね。

 

 

 

自分で脱毛をする方へのワンポイントアドバイス!

自分で脱毛をする場合は、とにかく皮膚を傷つけないようにすることが大事ですね。

 

ですから、処理前は

  • 脱毛器具を清潔にすること
  • 蒸しタオルなどで患部を温め、皮膚をやわらかくする(お風呂に入ったりするのもお勧めです!)
  • 剃ったりする場合は必ずクリームなどを塗ること!
  • 脱色の場合はパッチテストなどを必ず行ってから

処理後は、

  • 患部が赤くなったら冷やしておく
  • ローションやクリームで保護
  • 処理した直ぐ後は、日焼けをしないように、保護する

などの対策をしておきましょう。

 

クリームを塗る

結局、脱毛するにはどれが一番いいの?

上記の基礎知識を踏まえた上で、結局、脱毛するにはどういった対策を選ぶのが一番いいの?

 

と疑問に感じた方も多いと思います。

 

まず、結論から言うと、脱毛もひとそれぞれということです。

 

コストパフォーマンスがいいものを求める人、完全に脱毛をしたい人、少しでも毛の量を減らしたい人、全てのメリットを知った上で、脱毛する方法を決めたい人!様々なわけです。

 

なので、私は今回、脱毛に関する方法と、その内容、それぞれのデメリット、メリットを全てまとめてみました。※お金を掛けた脱毛をする場合です。ほぼお金を掛けないでやるのならば、上記で書いた自己処理を行ってください。

 

下記の表をご覧下さい。

 

脱毛の種類 ニードル脱毛 医療レーザー 光(フラッシュ)脱毛 家庭用脱毛器使用
施術内容 細い針を毛穴に刺して、電気を通す レーザーによって、毛の生える元となる細胞を破壊する レーザー脱毛同様光によって毛の生える細胞を破壊。レーザーより広い範囲を脱毛できる 機種によってことなるが、レーザーやフラッシュ脱毛
場所 クリニック、エステサロン クリニック エステサロン 自宅、どこでも
効果

毛母細胞を腐食させるため効果絶大!
産毛から白髪まで全て対応!(完全永久脱毛)

フラッシュに比べて、出力が強いため効果は非常に高い。産毛は少し厳しい。(永久脱毛) 高め、しかし、針脱毛や医療レーザーには劣る。産毛や白髪は無理。(除毛、減耗) 機種にもよるが、それなりに高い。ですが、個人的に剛毛には効いていない気がする。(除毛、減耗)
痛み 激痛、私は死にかけた。 針脱毛に比べて、格段に低いが、それでも痛い レーザーよりはマシ!まぁまぁ痛め 機種によってや、出力によっても異なるが、まぁまぁ痛め
価格 高額 高いが針脱毛より安い。光脱毛より高いが、個人差で安くもなる!施術する場所にもよる 針脱毛や医療レーザー脱毛に比べて、安い場合が多い。ただ個人差で回数が多くなると高くつく 一回の支払いで何度も使えるが、高い。当然、種類によってピンきりですが、効くものは高い。長い目で見ると一番安い!
安全度 やや微妙、施術する人や個人差あり 医者の下で行うので、非常に安心 安全

自分で行うため微妙
専門家がついていないので、皮膚に炎症が起きたときが怖い

長持ち度 めっちゃ高い。完全永久

針に比べるとやや劣るが、かなり高い。ほぼ永久

ニードル脱毛や医療レーザーに比べて劣るが、それなりに長め。 脱毛器の種類にもよるが、いいものは普通に長持ち。
施術回数 一本一本処理するので、多め 少なめ レーザー脱毛より長くかかることが多い 個人差にもよるが、エステよりも何度も行えるのが魅力
施術時間 一本一本処理するので多め 針脱毛より圧倒的に早い、光脱毛より遅い 光で広範囲を施術できるため一番早い 慣れると、結構早い。自分でやるので、時間が掛かることも

※私個人の意見も含まれていますので、全て鵜呑みにはしないでくださいね。

私個人のお勧めは医療レーザー

私個人の意見を言わせていただくと、効果の高さと、痛み、施術の早さ、金額的な全てを含めても、医療レーザーが一番お勧めです。

 

何よりも、私は効果の高さを重視しているので、そうなります。

 

ですが、先ほども述べたように、人によって状況や想いが異なるので、自分に合った脱毛方法を選ぶのがいいでしょう。

 

あとは、使い分けするのもお勧めですね。

 

永久的に生やしたくない部分には医療レーザー脱毛、あまり気にならないくらいの部分に安価なフラッシュ脱毛、継続的に自分で処理するために家庭用脱毛器で処理をしていく!というのがいいのでは無いでしょうか?

 

一応、私なりの選ぶポイントを話しておきますね。

 

完全なる脱毛を目指すなら、ニードル脱毛

完全なる脱毛を目指したい人は激痛、高額なお支払いを考えても、ニードル脱毛を選ぶべきです。これが、最も脱毛に効果があり、全ての毛のタイプに高い効果を発揮するので、最強です。効果は何度も言うように最強ですが、とにかく痛いです。何がなんでも私は毛を無くす!って人だけにお勧めします。私はやめた方がいいと思います。

 

高い効果をとるならレーザー医療

近年では、レーザー医療かフラッシュ脱毛が主流なのですが、脱毛の高い効果を得たいのなら、やはりレーザーを選びましょう。やや痛みも強く、お金もそれなりにしますが、フラッシュよりも綺麗に脱毛できます。先ほども言ったように、私は脱毛に悩んでいる人にはレーザーをお勧めしています。なぜなら、脱毛に悩んでいる人は、中途半端だとまた悩むからです。そんなに脱毛を気にしていない人って元々あまり毛がないんですよね。でも、脱毛に悩んでいる人は絶対に最初から医療レーザーですよ!安いからフラッシュ!なんて選び方をすると、結局やり直しになって余計なお金が掛かります。

 

痛みを抑えたい、部分的な箇所を脱毛したい人はフラッシュ脱毛

痛みをなるべく抑えて、それなりの脱毛効果を実感したいなら、フラッシュ脱毛がお勧めです。なんだか、このように書いちゃうとフラッシュ脱毛が効きにくいように感じますが、普通に効果も高く、部分的にキャンペーンなどをやっているので、価格もリーズナブルなものがあり、人気は非常に高いです。ただ、あまり効かなかった場合が脱毛に行く回数が増えたりするので、レーザーに切り替える人も多いようです。「自分は脱毛に対してそんなに気にしていないよ!」って人で、でも綺麗にしたい!って場合にお勧めですね。ちなみに、フラッシュ脱毛は永久脱毛ではありませんが、一度脱毛すると毛は薄くなるようです。

 

人前に出るのが嫌、何度も通うのが嫌!な人は家庭用脱毛器

結局、家庭用脱毛器もエステなどの医療レーザーやフラッシュ脱毛と一緒です。ただ、出力が少し弱かったりするので、剛毛すぎると効き目があまりないかな〜って感じですね。ただ、一度購入しておけば、自分で何度も脱毛できますし、通ったりする労力が掛からないので、最近はかなり人気が高くなってきています。私も1つ、悩みに悩んで購入しましたが、かなり重宝しています。※後で紹介します。お金は掛かってしまいますが、医療レーザーで一度脱毛を行って、それから家庭用脱毛器で定期的な処理をするのが、私なりの最強コンボです。

 

実際にどんなクリニックやエステを選んだらいいの?

さて、様々な脱毛の方法とそのメリット、デメリット、選ぶ際の基準などを書いてきましたが、実際のところ、どんなクリニックやエステサロン、家庭脱毛器を利用すればいいのか分からない人が多いと思います。

 

そこで、私なりに選んだ美容エステやクリニックを紹介していこうと思います。。

 

是非参考にしてみてください。

ニードル脱毛選ぶなら、ココを利用!

病院

 

まず、ニードル脱毛に関する情報からいきましょうか・・・

 

あまりニードル脱毛はお勧めしていませんが、ニードル脱毛を選ぶなら、

 

クリニックでは、

  • 横浜ベイクリニック
  • シャルムクリニック
  • 城北病院

など・・・

 

エステサロンでは

  • エステティックTBC
  • エステニックミスパリ

あたりですかね。

 

これら、どの場所でやっても痛みは激痛!ですし、高額です。

 

まぁ、専門スタッフがついているので、安全性は保障しますよ。

 

最近はニードル脱毛に関しては選ぶ人は少ないですが、私が活用したのは、エステティックTBCですね。美容に関しては老舗なので、信頼性は高いと思いわれます。

 

詳細を見てみる⇒

医療レーザーを選ぶならココ!

看護婦

 

続いて、医療レーザーに関してみていきましょう。
医療レーザーを選ぶならこういった場所を利用してみるのが良いかと思います。

 

  • シロノクリニック
  • フェミークリニック
  • 聖心美容外科
  • 湘南美容外科
  • 城本クリニック
  • 新宿クレアクリニック
  • 渋谷美容外科クリニック
  • アリシアクリニック
  • リゼクリニック

 

 

医療レーザーはその名の通り、医療機関でしか活用することが出来ません。
なので、専門的な医者のいる、クリニックを選ぶのは必須なのです。

 

 

私が利用したのは、アリシアクリニックです。

 

最も低価格で、高い効果、痛みが少ない、対応が丁寧などの、まさに自分の理想を全て揃えてくれたような場所の1つです!  

 

私から言わせてもらうと、です!

 

神なので、医療レーザーをやろうと思った方はココを使ってください。笑

 

医療レーザーを利用する人で、この場所で後悔することはないでしょう。

 

詳細を見てみる⇒

フラッシュ脱毛を選ぶならココ!

エステ

 

さて、続いてはフラッシュ脱毛です。

 

フラッシュ脱毛を行ってくれるエステサロンはありますが、代表格はこのような場所です。

 

  • ミュゼ
  • 銀座カラー
  • 脱毛ラボ
  • エピレ
  • エターナルラビンス
  • シースリー
  • KIREIMO
  • ラットタッと

 

フラッシュ脱毛をするとしたら、やっぱり有名なのはミュゼプラチナムですね。

 

ミュゼ

 

ですが、ミュゼは人気がありすぎて、最近では予約がとれないことが多すぎます。

 

地方ならまだしも、都心部でしたら半年後とかに予約がとれたりするようです。

 

私の場合は効果をあまり実感できず(ちょっと毛深すぎた)、医療レーザーへと変更しましたが、価格、口コミ、効果において、エステサロンを利用するのならKIREIMO(キレイモ)が最も評価が出来ます。※私が一番最初に利用したのがフラッシュ脱毛です。

 

なぜここがいいのかというとスリムアップ脱毛、プレミアム美白脱毛、ニキビケア脱毛と脱毛以外のオプションがつけられるからです。また、ミュゼと違い、冷たいジェルなどを使わないので、体が冷えたりすることもありません。

 

気になる痛みなどもほとんど無く、急激に人気が高まっています。エステでの脱毛を希望する方は利用されるといいと思います。

 

KIREIMO(キレイモ)の詳細を見てみる⇒

家庭用脱毛器を選ぶならコレ!

脱毛器

 

最後に家庭用脱毛器を選ぶのにはどれがいいのか?を書いていきたいと思います。

 

まず、代表的な家庭用脱毛器を紹介していきます。

  • ケノン
  • トリア
  • ソイエ
  • ノーノーヘア
  • センスエピ
  • ヒカリエピ
  • ノーノーフォーメン
  • イーモリジュ
  • 光エステ

などです。

 

まず、市場のシェア率、口コミの評価が高いのは、ケノン、トリア、ソイエ、ノーノーヘアの四つです。

 

私も、この四つのどれを選ぶのか?相当迷いました。

 

そして、脱毛器は結構高いです。

 

なので、多少高めですが、必ず効果が実感でき、なおかつ安心して使えるものを選びました。

 

 

家庭用脱毛器で私が選んだのは、ケノンです。

 

まず、ソイエが最も価格的な面では優秀です。が、その分効果を実感できなかったというのが口コミで多かったので、私は辞めました。

 

また、トリアは効果もそこそこ良く、口コミも高めなのですが、やっぱり、ケノンに比べるとその性能は落ちるようでした。

 

 

 

でも、ケノンは値段が高いだけあって、効果はかなり高め、プラス、照射面積が広い、肌へ優しい、という面で優秀です。

 

言っておきます。

 

やっぱりお金を掛けた方が、良い物はいいんです!

 

だからこそ、脱毛器を買うのならケノンです!
エステに行く時間がない、自分で気になるところを定期的に脱毛したい!って方は、参考にしてみてくださいね。

 

詳細を見てみる⇒

 

脱毛する部位で選びたい人はコチラの記事を読んでください!

さて、これまでは脱毛する施術方法で選んできましたが、逆に、気になる部位ごとに脱毛する施術方法を見極めたい方もいるかと思います。

 

まず、大まかに分けると、脱毛する場所は、

 

「ワキ」、「顔」、「腕」、「足」、「胸」、「背中」、「デリケートゾーン」の七ヶ所です。

 

これらは、更に細かく分類され、20種類〜30種類もの場所に分けられます。

 

そして、部位によってお値段や施術する回数なども変わってきます。

 

こちらに関しては、少々この記事も長くなってきたので、別の記事で書いておきたいと思います。

 

脱毛する部位に関して興味がある方は脱毛部位、人気ランキング!を読んでみてください。

私の新しい彼氏の言葉・・・・。

私も以前の彼氏に振られてから、新しい彼氏が出来ました。

 

新しい彼氏

 

で、そのときには脱毛は完全に完了していたので、自信を持って初夜を迎えることができましたね。(^ ^)

 

でも、やっぱり元、毛深いことにコンプレックスを持っていた私なので、彼氏に聞いてみました。

 

「ねぇ、毛がある女性と無い女性だったらどっちがいい?」

 

すると、彼が言いました。

 

「う〜ん、俺はそんなに気にするタイプじゃないとは思うけど、やっぱり無いほうが嬉しいよね・・・お前が、スベスベだった時はやっぱり嬉しかったし、正直興奮したよ。(笑)まぁ、はっきり言って、剛毛だったら無理だな・・・、腋毛とか見ちゃうと萎えるね・・・」

 

とのことです。

 

ネットで見ると、そんなに男は毛深さに気にしない、いい男は内面を見てくれる・・・みたいなこと書いてありますけど、私は、

 

「それは極一部の男性!やっぱり男性は一般的には毛が嫌い!」

 

と思っています。

 

だから、少しでも毛深いことに悩んでいる人がいたら、脱毛に挑戦してみてください。

 

 

私の経験から言うと、悩んでいるコンプレックスを治すと、本当に自信が沸いて、行動力も上がります。

 

是非、ツルツル、スベスベのお肌を手に入れて、毎日の生活に自信を持って過ごしてほしいですね。

 

美しい女性